〒247-0056神奈川県鎌倉市大船2-18-6 Tel0467-45-8880

365日年中無休!

求人案内

お問い合わせ

歯科医師臨床研修施設

鎌倉市大船の大船駅近くの歯科・歯医者なら【西條歯科医院】にお越し下さい。

予防歯科・小児歯科

予防歯科・小児歯科

予防歯科

予防歯科とは

充分な予防をすることで、虫歯や歯周病にならなければ痛い思いもせず、治療をする必要もありません。
虫歯や歯周病を治すことも大切ですが、虫歯や歯周病にならない口腔内環境をつくっていくことができれば、そのほうが重要だとは思いませんか?
いくつになっても自分の歯で食事を楽しみたいと思えば、虫歯や歯周病に対する予防が必要不可欠になってきます。
当院では予防処置としてブラッシング指導、フッ素コーティング、シーラント、PMTCなどをおこなっておりますので、お気軽にご相談下さい。

定期的なメンテナンス

治療をしたあと、3ヶ月か半年などの一定期間が経ってから、再び診察することをリコールといいます。
リコールは、症状が改善されているのか、また、新しい病気にかかっていないかを確認するために必要なことです。
リコールのときは病状の確認ばかりではなくブラッシングの大切さを改めて認識したり、プラークや歯石がたまっている場合には、スケーリング・ルートプレーニングも行います。
長期的にみると、リコールを行っている人と行わない人では歯を失う率に大きな差が出てきます。

  • スケーリング
    歯石は自分で取り除くことはできません。
    定期的に歯科医院へ行き、歯石を取り除いてもらいます。
    これをスケーリングといいます。
    また、ルートプレーニングによって歯ぐきのさらに奥の歯根面を滑らかにしてプラークをつきにくくします。
  • P.M.T.C
    PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略でプロによる歯のクリーニングを意味します。
    具体的には歯石の除去やクリームを使った器械的研磨をおこないます。虫歯や歯周病の予防になります。
    約20年ほど前に虫歯、歯周病の予防管理を目的として北欧でシステム化され、現在多くのリサーチに裏づけられて着実な臨床実績を上げています。

【PMTCによる効果】
歯の表面がつるつるして気持ちいいばかりではなく、プラークに含まれる雑菌を落とすことにより、虫歯・歯周病予防の効果があります。また、歯肉の腫れや痛みを抑え、苦痛緩和、歯の延命効果も期待できます。

Topへ

小児歯科

小児歯科について

お子様の歯の治療は、できるだけ削らない治療を考えています。
それはお父さん、お母さんをまじえてお子様にブラッシングの指導をしたり、予防処置としてフッ素やシーラントを塗布するという予防的な処置にウェイトを置いた小児治療です。
また、虫歯の場合でも治療を終えた後、定期検診においてお子様の歯の健康管理をすることにとても力をいれています。

【保護者の方へのお願い】

お子様の歯と口の健診や治療においての保護者の方に、より良い治療のためにご協力をお願い致します。
普段から「歯医者さんでイタイイタイしてもらいますよ」とか「そんな悪いことをする子は歯医者さんに連れて行きますからね」などのように、お子様をおどかす表現はならさないようお願い致します。
もし、お子様が「歯が痛い」と訴えた時には、優しく、「口の中のばい菌を退治してもらいましょうね」などの言葉をかけてお連れ下さい。
我々スタッフはお子様との信頼関係を築くように努力しております。
治療が必要な場合でも理由を話して励ましながら処置を進めます。

子供の歯磨き・歯ブラシについて

西條歯科医院では、ブラッシングの指導をしております。

歯ブラシは少し小さめで奥歯まで磨けるもの、毛束は少なめで毛先が歯の間に入っていけるものを使用して下さい。
毛は合成樹脂で弾力のあるもの、硬さはやわらかめか、ふつうくらいのものをお奨め致します。
歯磨き剤は、臨機応変に使用します。それよりも、毎日のブラッシングが肝心です。
歯磨き剤を使って歯を磨くと、きれいに歯を磨けていなくてもスーッとして磨けた気分になってしまい、肝心な汚れを落とす事がおろそかになりがちです。
そこで歯ブラシだけできれいに磨き、しっかり磨けてから歯磨き剤をつけて仕上げ磨きをしましょう。
小さなお子様の場合、お母さんがひざの上にのせてあげて、歯を磨いてあげて下さい。
スキンシップにもなります。
歯ブラシの交換は、歯ブラシのヘッドを背から見て、毛先が出ていたら取り替えの時期になります。
歯ブラシを取り替えましょう。

フッ素について

フッ素は自然界に広く存在する元素で、私たちの身体、特に歯や骨にとって欠くことのできない必須栄養素です。

【フッ素の効果】

フルオロアパタイト生成結晶性の向上
新しい歯には酸に溶かされ易い不安定な成分が混ざっています。
フッ素はこれと入れ替わり安定した結晶構造へと作り変えます。
再石灰化の促進
虫歯の部分には、フッ素が取り込まれやすく壊れた部分の修復すなわち再石灰化を促進します。
酸の産生、歯垢形成の抑制
フッ素自身が虫歯菌に対して、抗菌力を持っているので、その活動を抑制します。

シーラントとは

虫歯からいちばん守りたい奥歯は、複雑で細いミゾがあるため、磨き残し、虫歯になることが多いのです。
そこで、そのミゾをうめて虫歯を予防するのがシーラントです。
歯ブラシの先がはいりにくい奥歯のミゾは、虫歯になりやすいのです。
器具を使って、プラスチックの一種である液をミゾに流してうめます。

当院の滅菌への取り組み

歯科用CT
EPARK歯科 ネット予約受付中
Mobile Site 携帯からのアクセスはこちら
Topへ